本当に故障したのかを自分で確認する

まずは再起動をして動作をチェック

iPhoneの動作がおかしい、不安定になっているという時には、まず一旦再起動を試してみましょう。システムエラーに陥っている場合、再起動を行うだけでも不具合が解消される可能性があります。画面が暗くなってしまったり、アプリの動作がおかしいなどのケースでは、システムエラーが原因となっていることも少なくありません。通信関連の機能に問題がある場合は、SIMカードが原因となっていることもあります。通話中にエラーが生じる、ネットが正常に閲覧できないといった場合は、本体からSIMカードを一度抜き取り、再度差し込んでみましょう。SIMカードの接触不良によってトラブルが起きているのなら、何度か抜き差しをしているうちに改善される可能性があります。

不具合が起きているアプリをアンインストール

iPhoneには様々なアプリをインストールすることができるため、気に入ったものをどんどん入れているという方も多いでしょう。膨大な数のアプリを活用できるのがiPhoneの魅力ですが、アプリ同士の相性によっては不具合を引き起こす場合もあります。特定のアプリを使用していると不具合が生じる、あるいはインストール後から調子が悪くなったという場合は、そのアプリを一度アンインストールしてみましょう。アンインストールによって機能が正常化するのであれば、本体の故障ではないということになります。古いバージョンのiOSやアプリを使用することも、不具合の原因となる場合がありますので、注意が必要です。それぞれの最新バージョンを確認し、必要に応じてアップデートを行っておきましょう。

iphoneが起動しないために、焦ってしまうケースはよくあります。iphoneの修理を受け付けている業者を探して、見積もりを依頼することが大事です。業者によって価格が異なるので、冷静に対応することがコツです。